2022.02.21

坐禅体験と僧侶の精進料理で心身をリセット

2022.02.21

コース概要

臨済宗国泰寺派の総本山で、700年以上の歴史を持つ名刹・国泰寺。西田幾多郎や鈴木大拙も参禅していたという、由緒ある禅寺で、坐禅を体験して精進料理をいただくプログラムです。

地元の食材を用いた精進料理は僧侶による手作り。丁寧に作られた地味深い料理をしみじみ味わっていただきます。特にこの地域名物の筍を使った一皿は柔らかくて旨味たっぷり。レシピや味の秘訣について尼僧とお料理談議するのも楽しいですよ。
日常の忙しさから離れて、リトリートの機会としてもいかがでしょうか。

◉ハイライト
◆ 僧侶による禅のレクチャーと坐禅体験
◆ 地元食材を使った精進料理をいただく
◆ レシピ作りや調理を担当する僧侶とお料理談議

所要時間:
2時間
集合・解散:
現地
定員:
5名〜20名
催行日:
第2・第4土曜日
予約:
10日前まで
料金:
1人あたり8,000円
*タクシー/貸切バスなどの手配についてはご相談ください。
*拝観料含む
*日本語・英語・中国語ガイド: 18,000円 /半日
*プログラム内容のアレンジや個別のプログラムのみの実施も承っております。
*キャンセルポリシー :お客様都合によるキャンセルは、キャンセル料をご負担いただきますのでご了承ください。 14日〜3日前 ツアー代金の20% /2日前 ツアー代金の50% /前日 ツアー代金の100%

Day Trip(スケジュール例)

11:00
12:00
坐禅体験
12:00
13:00
精進料理
臨済宗国泰寺派大本山 国泰寺

およそ700年前に開山された古刹で、臨済宗国泰寺派の大本山です。後醍醐天皇より、京都・南禅寺と同格と認められた高い寺格を有しています。明治維新で活躍し、剣・禅・書の達人であった山岡鉄舟居士の尽力により諸堂が修復されました。坐禅の修行道場としても知られています。また、世界に禅を広めた鈴木大拙や西田幾多郎が参禅したことでも知られています。国内最大級ともいわれる大庭園の石や、三重の塔、天皇殿など見所の多い寺院です。

精進料理

禅において食事は「修行」の一つ。料理の準備や調理、食べること、後片付けなど、行動を通して自己を見つめる機会と捉えられます。味付けは「六味」が基本。甘・酸・塩・苦・辛の五味と淡味をさします。淡味とは、素材を生かすために薄味にすること。薄味といっても、出汁や旨味たっぷりの深い味わいで物足りなさは全くありません。四季折々の地元の食材を使って丁寧に作られたお料理をお楽しみ下さい。

申し込み・問い合わせ

お申し込み・お問い合わせはこちらから。
オリジナルアレンジも可。

問い合わせ
関連記事を見る
こちらのコースもおすすめ
PAGE TOP